トラウトの陸封型と降海型

f:id:torauto1:20191114232433p:plain

同じ種類のトラウトでも、一生を淡水域で生活するトラウトと一生のほとんどを海で生活するトラウトでは、名前も見た目も変わります。

河川に残るタイプを陸封型、海に降りるタイプを降海型といいます。

陸封型 降海型
ヤマメ左右両方向矢印サクラマス
ヒメマス左右両方向矢印ベニザケ
ニジマス左右両方向矢印スチールヘッド
エゾイワナ左右両方向矢印アメマス

降海型の個体は、海に降りることで河川にいるときの数倍の大きさに成長し、寿命も長く繁殖力も高くなる。降海型の個体でも繁殖時は河川に戻ってきます。
トラウトがなぜ河川に残る個体と海に降りる個体に分かれるのかは諸説ありますが、正確な理由は未だに謎のままです。一説には種の保存を目的とした行動と言われています。