マス釣りは雨の日が最も釣れる?

f:id:torauto1:20200110154045j:plain

釣りをするときに考慮する必要のある条件はたくさんありますが、より確実に釣れるようにしたい場合はそれなりの準備をする必要があります。

そして、釣りをするときに状況が有利になるようにあらゆることをする必要があります。

 

釣りをするときに私たちがコントロールできない主なものの1つは天気です。

マス釣りをするとき、あなたの地域で最近雨が降った場合に釣果どのような影響が出るのか疑問に思うかもしれません。

今回は、雨が降っている間や雨の直後にマスにどのように影響するかを詳しく見ていきます。

これは、気象条件によって変わるトラウトの習性や動き方を理解するのに役立つからです。

 

マスは雨が降った後や雨の中では非常に活性は良いです。

雨は水を暗くし、酸素を増加させます。これに加えて、昆虫や他の食物となるものが流れてきます。

その結果、トラウトは通常時よりも活性がよくなり食欲も増加します。

 

 

トラウトに与える天候の影響は?

f:id:torauto1:20200110155041j:plain

マス釣りと天気

天候が魚にどのように影響するかを理解することは、マスやその他の魚を釣るためにも役立ちます。

晴天は通常、魚にとってあまり良い状況ではありません。

魚は賢く、雨が降って水が濁るとより多くのエサを得ようとします。

濁った水は魚の視界が良くないと思うかもしれませんが、これは逆に釣果アップの可能性が上がります。

天気の良い日は通常より暑く、これが水温を上げます。水温が上がると魚が使う酸素量が増え、魚の動きが遅くなります。

活性が悪くなることで魚の食いも悪くなります。

 

 

さまざまな種類の雨がマスに及ぼす影響とは?

 

冷たい雨

冷たい雨の中、冷たい雨の後の釣りは、ほとんどの場合釣りに最適です。なぜなら、水が冷たくなれば、より多くの酸素が含まれるからです。水に追加の酸素が含まれると、マスはより活発になり、積極的に好んでエサを探すため釣り人のルアーにも良くヒットします。

しかし冷たい雨が数日間続くと、釣れる可能性が下がってしまうかもしれないので注意してください。これは、管理釣り場ではなく自然の渓流で釣る場合です。川の水位が高くなり流れも速くなるとそもそもルアーが魚に見えなくなってしまうためです。

 

大雨

実は大雨は最高の釣りを可能にしますが、雨が止むまで待ってください。渓流で釣る場合は大雨での釣りは危険です。それほど増水している状況ではそもそも釣りに出かけないほうが良いでしょう。大雨がよく釣れる理由は、大雨が降り始めると、マスのエサとなる昆虫やその他エサとなるものが川岸から水に流させて川に落ちてくるためです。

 

霧雨

霧雨でのマス釣り良いところは、リスクを認識し、それらに対処するのに十分な経験があれば、まだ降り続いている間に釣りに出かけることができることです。ただし、霧雨の後の釣りは、極端な影響が少ないため、上記の2種類の雨よりも効果が少し低くなります。

 

小雨

小雨はそれほど激しく降らないので、陸上の昆虫などが水に流れこむ可能性は低くなります。晴天時よりは釣果はアップするでしょう。

 

 

雨上がりのマス釣りに最適なルアー

f:id:torauto1:20200110155257j:plain

ストリーマー

ストリーマーは、特に雨が降った直後、マス釣り人にとって最良の選択肢の1つです。

ストリーマーを使用するのに最適なタイミングは、水に少し色が付き始めるときです。使用する最初の種類のストリーマーは、オリーブ色または茶色のものです。極端な色や蛍光色が常に必要なわけではありません。ただし、水が特に濁っている場合は、より明るいストリーマーを選択する必要があります。反射性でカラフルなものは、水が濁っている場合により良く機能します。経験を積むことで、ストリーマーが現在の水の条件でどのように機能するかを判断できるようになります。

 

ドライフライ

雨上がりのマス釣り用ドライフライ

マスは通常雨上がりにドライフライのように見える獲物を食べると言われています。

もちろん、適切なパターンを選び、それを効果的に使うには、ストリーマーの色を選ぶのと同じように、経験が大切です。

 

ニンフ

雨の後に釣りをしている場合、ニンフもあなたが望む結果を与えてくれます。あなたがしなければならない最初のことは、魚がどんな種類の獲物を食べているのかを見極めることです。そして、あなたは最良の結果を得るためにあなたのニンフを獲物に合わせる必要があります。

明るいニンフではなく、できるだけ自然なパターンを使用する必要があります。結局のところ、マスは食べ物のように見えるものを食らうということを忘れないでください。

 

スピナー

雨上がりのマス釣りのスピニングルアー

雨の終わり近くに釣りをしていて、まだ少しの霧雨が降っているような場合、スピナーが有効です。遠くに投げて水が深くなる場合は大きなルアーを選択し、短い浅いキャストには小さいものが適しています。もちろん、スピナーは他の種類のルアーよりもテクニックを必要とするので練習は必要です。

 

 

安全にマス釣りをするために

釣り遠征をできる限り安全にしたい場合は、出かける前に雨が完全に止まるまで常に待つ必要があります。雨止みそう見えても、その後雷を連れてまた戻ってくることがあります。これは非常に危険です。

加えて、雨が降った後の岩の上などは非常に滑りやすくなっています。足元には細心の注意をしてください。

また、雨が降るとすぐ寒くなるので、暖かい服装をしてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。